高さや形を変える方法

注射器

穴や幅を狭く小さくするために

鼻の整形と言っても種類が多く、悩みに合わせて手術方法を組み合わせて理想的な形状にすることができるのが特徴です。特に、日本人に多いのが団子鼻や鼻翼が広がってしまっている状態です。顔の中でも重要なパーツを占めるということもあって、整形一つで顔全体の印象を大きく変えることができるので、手術の依頼が多いです。手術の特徴としては、余分な皮膚を切除して小さくするために縫い合わせを行います。こうすることで、穴が小さくなって見た目もきれいに見えるようになります。内側または筋の部分にメスをいれることから、傷跡が目立ちにくく、施術を受けたことがわかりにくいので、周囲に手術のことを知られずに済ませることができます。高度な手術を必要とするため、費用は高額に設定されています。実際にかかる費用は、35万円から40万円前後を想定しておくと良いでしょう。鼻の印象一つで随分と美人になることができます。目や輪郭、そして唇には問題ないのに鼻だけがコンプレックスという人におすすめです。

鼻の幅を小さくするためには、余分な皮膚を除去する方法が最も効果的です。プチ整形にもよく似た方法で、切除をせずに皮膚を縛りこむという方法を用いている美容整形クリニックがあります。こちらのほうが費用は安く押さえることができますが、将来的に糸が緩み、結果的に元通りになってしまうことがほとんどです。安いからと言って安易な方法を選ぶことは、あまり好ましいことではありません。ただし、費用を抑えながらメスを使わずに整形をしたいと言うのであれば、選択肢として考えることができます。鼻翼縮小手術では、広がりすぎた鼻の穴を小さくすることが可能です。鼻の付け根の部分の余分な皮膚を切り取って縫い合わせることで小さく細い穴に整形することができます。ただし、注意しなければならない点は、やりすぎると呼吸がしにくくなってしまったり、コンセントのような変形した鼻の穴になってしまいます。そうなってしまうと見た目も悪くなるだけでなく、日常生活に支障をきたすことになるので、やりすぎには要注意です。